• 家庭用脱毛器を使う時の注意点とは

    エステやクリニックで脱毛をするのはお金がかかる、あるいは予約をなかなか入れられないという理由で、自己処理で脱毛をする人もいます。

    自己処理の方法としては、剃刀や毛抜きを使う、クリームやワックスなどの脱毛アイテムを使う以外に、家庭用の脱毛器を使う人も最近では多いようです。この脱毛器は様々な種類がありますが、今はエステやクリニックで処理してもらったのと同じくらい、つるつるになることができる機種もあります。

    もちろんそれなりの値段はしますが、エステでやってくれる光脱毛が、家庭で、しかも自分の好きな時間にできますので、家にいながらにしてプロ並みの仕上がりを望む人には、特にお勧めです。

    脱毛器の有益な情報のご紹介です。

    家庭用脱毛器を使う場合に気をつけたいことは、まず光を直接見ないようにすることです。


    光を直接見ると、目に大きなダメージを与えますので、サングラスやゴーグルをするようにしましょう。



    それから、生え変わりのサイクルである毛周期がありますので、脱毛と脱毛の間は2週間ほど空けるようにします。



    エステやクリニックの場合は2か月ほど空けますが、家庭用の場合は2週間ほどで十分です。


    それから脱毛後は肌がほてっていますので、きちんとクールダウンをして、肌荒れしないように、保湿を十分に行うようにしましょう。

    また当日は運動をしたり、お酒を飲んだりするのは、肌によくありませんので、控えるようにしましょう。


    それから処理前と処理後の日焼けにも、気をつけるようにしてください。